The Shelbourne Dublin, A Renaissance

いかにも、と言った感じのシェルボーンホテルです。

入り口には常にボーイ(とセキュリティ?)が立っています。5つ星だけあって貫禄があります。

ちなみに、下に見える柵を乗り越えた場合は地下に落ちます。そこには鉄の棒が立っていて、そこにレストランのメニューが設置されています。つまり、触れない位置にメニューが設置されているわけです。(説明が下手ですね)

歩道が狭いので歩行者を邪魔しない措置なのかもしれませんが、見づらいといつも思います。ですけど、余裕がある人はそんなの見ないんでしょうねきっと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中